自然意匠=NatureSense.jp

森の再生

里山の再生

暮らしの再生



現在進行中のプロジェクト=Project



[7] 「信州~私たちの夢~プロジェクト」⇒里山の再生

~私たちの夢~

山があって森があって川が流れていて里山があって田んぼがありトンボが飛び交いカエルが合唱し子供たちが遊びながら家路を帰る、何十年か前には当たり前のように毎日見ていた風景を取り戻し未来の子供たちに手渡すために、様々なプロジェクトが立ち上がっています。



[6] 「信州~地産地消~プロジェクト」⇒里山の再生

「花はミツバチの分までミツや花粉をつくり、ミツバチはクマの分までハチミツを貯える」
~養蜂家 藤原誠太さんの言葉~



[5] 「蓼科~春日の森~プロジェクト」
⇒森の再生

その場所に最初行ったときは山歩きに慣れていない私たちにとって歩くことさえも困難な状況でした。何度も足を滑らせながら取りあえず敷地の外周を確認するために上ったり下ったりしてやっとこさ一周できた状態でした。



[4] 「軽井沢~なつかしい暮らし~プロジェクト」⇒暮らしの再生

[自然意匠] 設立宣言

山があって森があって川が流れていて里山があって田んぼがありトンボが飛び交いカエルが合唱し子供たちが遊びながら家路を帰る、何十年か前には当たり前のように毎日見ていた風景を取り戻し未来の子供たちに手渡すために、私たちは会社を設立しました。

。。。故郷(ふるさと)の風景を見て美しいと思いなぜか涙がほほをつたう。自然の美しさと人の暮らしが織りなす絶妙な均衡。それらを実現するために全力で取り組むこと。そんな思いを込めて「自然意匠」としました。。。



[3] 「軽井沢~森に暮らす~プロジェクト」⇒森の再生

2011年3月11日のあの事故の半月後、軽井沢に「拠点」を移すことを決めました。 「拠点」とは生活拠点であり仕事の拠点でありそれらが一体となってどこまでが生活でどこまでが仕事か分けることのできない「暮らしがある場所」という風に考えています。



[2] 「さいたま~パティスリィ&カフェ・パドゥドゥ~小さな森プロジェクト」⇒街の再生

「パドゥドゥ洋菓子店」がリニューアルオープンし「パティスリー&カフェ・パドゥドウ」として生まれ変わりました。 「小さな森へようこそ」というコンセプトのもとにこのプロジェクトはスタートしました。

[22] 「さいたま~再び小さな森へようこそ~プロジェクト」⇒街の再生

駐車場を広場として解放しオープンカフェとかヨーロッパのマルシェのように地域の人々が勝手気ままに集まってきて楽しいひと時を過ごせるような、そんな緑の広場になればいいのになぁと夢見ていました。



[1] 「さいたま~小さなビルの屋上で~小さな森プロジェクト」⇒街の再生

駅から歩いて5分の小さなビルの屋上で毎日自然を身近に感じられるように「小さな森」を目指しています。季節にあわせて鳥や蝶が遊びに来ます。






tateshina001




まっすぐに道が通っています
いつもおなじ道を行き来しているからでしょう
きそく正しく一列にならんで歩いています

右手に下ると石の間から水がわき出ています
水のみ場になっているのでしょうか
いろんな足あとを見つけることができます

水のみ場では争いごとはおこらない
みんなで仲よくならんで水を飲んでいるのでしょう

この先で森はおわります。 そして里山があらわれます
かれらは里山へ出かけてゆきます

・・・「蓼科~春日の森~プロジェクト」・・・

 


□ 株式会社自然意匠=NatureSense.jp
□ 〒337-0051 埼玉県さいたま市見沼区東大宮4-12-7-5F
□ E-mail:contact_us@naturesense.jp

■ ただ今、設計スタッフ募集中(応募質問は上記 E-maiまで)
⇒詳細は[求人募集=Recruit]ページへ

□ 更新: 2018年10月29日 (月) 9:42 Top
Company
Concept
□ Project
Link
■ Project07
■ Project06
Project05
Project04
Project03
Project02  ■ Project022
Project01

Copyright©2014 NatureSense inc. Allrights reserved.